職人道場とは

建設業界に「教育・育成」の新しい文化を。

職人道場に来るのは入社したての新人から、
日本で働く外国人、そして新たに技術を身に着けたい経験者まで。
考え抜かれたカリキュラムによって、みな段違いのスピードで成長していきます。
未経験者からでも短期間で学べる整った教育体制は、人材の定着に直結します。

大切なのは、いかに早く一人一人の生産性を向上できるかではないでしょうか。
ここで学んだ卒業生は、会社に戻ればすぐに即戦力で利益を生み出す存在として活躍します。
親方や職長の負担を大幅に軽減しながら、事業展開のスピードアップ、早期収益化が見込めます。

建設業が直面している危機

  • 人手不足
    建設ラッシュと言われながらも、全国で深刻な人手不足に悩まされている。
  • 人材が育たない教育体制
    せっかく入ってきた新人も、長期間雑務ばかりの教育で継続が難しい。
  • 外国人への教育
    外国人労働者は今後、急速に増加することが予想されています。

人が育つことでもたらされる利益

  • 人材の定着率UP
    ベースの知識を養うことで、現場でのモチベーションが生まれます。
  • 新人が即戦力になる
    先輩が手を止めて指示を出さずとも、次の工程を自ら考えられるようになります。
  • 意思疎通がしやすく現場が進む
    外国人の受講生には現場で通用する日本語から教育します。

人が育てば会社も伸びる

  • 新人研修で初めにしっかり技術を習得できるケース

  • 研修がなく長い雑用期間があった場合のケース

会社の雰囲気は人の「やる気」と比例します。職人道場で「できなかったことができるようになる」喜びを知った職人はいち早く成長し、現場をスムーズに、さらには会社に新鮮な気風をもたらします。

職人道場 4箇条

    • その1

      助成金で受講料を全額まかなえる

      職人道場での研修には助成金をご活用いただけます。
      助成金は条件を満たせばいつでも申請可能で、返済の必要もありません。コストを抑えながら人材を育てられる、経営者には見逃せないメリットです。また、社会保険労務士による申請サポート・代行も行っています。

    • その2

      脳と五感に訴えかけるカリキュラム

      例えば「左官」ひとつとっても塗料やコテの準備・扱い方など各作業を約50ものステップに分解。
      その一つ一つを頭で理解するだけでなく身体に染み込むまで徹底的に繰り返し、クリアしてから先に進むため短期間で効率よく技術を習得でき、苦手を残しません。

    • その3

      多様な職種・技能に対応

      左官、防水、塗装、タイル、内装クロス、下地補修など、さまざまなカリキュラムをご用意しています。さらに、事前に入念なヒアリングを実施し、達成したい目標に合わせて講座の組み合わせや割当時間のバランスを柔軟にカスタマイズすることが可能です。多能工の育成としても最適です。

    • その4

      性別・年齢・国籍不問!

      人材育成に特化した体制を整えていますので、本人のやる気さえあれば誰でも無理なく成長できます。職人ならではの難しい人間関係を気にする必要もありません。また、ニーズに合った各国の通訳兼講師が在籍しており、外国人でも集中して研修に取り組めます。

LINEで気軽に質問できる