最新NEWS

「仕事に人種は関係ない!」外国人社員がここまで集まる研修施設

栃木県那須塩原市で建設業の新人育成、即戦力職人を育成している職人道場です。

幅広い業種にて研修を提供し、それぞれ考え抜かれたカリキュラムで未経験の方、多能工を目指す方、日本に来たばかりの外国人社員さんなど、徹底指導しています!

職人道場には累計140名以上の外国人社員さんを育成した実績があります。

今回は外国人社員さんの育成について、職人道場を代表するベテラン講師である長口修子に聞きました。

外国人技能実習生、多能工、建設業の職人育成は職人道場

■日本人は偉い?外国人社員さんの固定観念

インタビュアー(以下、イ):職人道場へ入校する外国人社員さんはどこの国の方が多いですか?

長口:ベトナムやフィリピン、インドネシア、ネパールなど様々な国の方がいます。文化や宗教によって、例えば食生活では豚肉や牛肉が食べられない、断食の日があるなどの違いがあります。自分たちで料理するなど管理していただいていますが、希望者は日本人と同様に日替わり弁当を注文することも可能です。

イ:外国人社員さんにはどのような傾向がありますか?

長口:外国人社員と言って一括りにはできません。日本へ留学後に就職している方と、母国の紹介組合を通して仕事が決まってから来日し、直接道場へ来る方とでは、生活水準も大きく異なります。

外国人社員さんは「僕たちは〇〇人だから」と線引きをしています。どんなに日本人側が歓迎しても、「〇〇人だから日本人に意見を言ってはいけない」と思っているんですね。 日本人は偉いと思っているんです。仕事のできない日本人が新人で入ってきて、自分たちの方ができると思っても、「日本人だから仕事ができなくても偉い」という認識が強いのです。 

■道場で学べる仕事の意味や目的、コミュニケーション

イ:外国人社員さんは職人道場へ何を学びに来ていますか?

長口:道場へ入った外国人社員さんたちの中に、過去に日本で3年間仕事をしていて、一度帰国してから再度日本へ呼び戻してもらえた方がいました。その方はすごく仕事ができて、仕事の方法は知っているので指示をもらえばできるんです。でも「なぜやっているのか」がわからないまま、今まで働いていたんですね。

彼は仕事の意味や目的を学ぶために道場へ来ました。「これはこうするためなんだよ」「だからこういうふうにするんだよ」と教わるためです。また、一緒に入校した外国人社員さん3人には日本語のレベルにばらつきがあったので、日本語力の向上も目的の一つでした。

彼らは道場を卒業したら、会社で同じ国の人たちのリーダーになって引っ張っていかなければいけない人たちです。入校時は各々仕事はできるのに、日本人に対してずっと遠慮していました。リーダーとしてやっていくには、日本人ともしっかりコミュニケーションをとらなければなりません。

外国人技能実習生、多能工、建設業の職人育成は職人道場

■リーダー交代制のチーム学習で見えてきたこと

長口:そこで外国人社員さん3人を3チームに分けて、メンバーに日本人を入れました。そうすれば日本語も覚えられるし、日本人に対してもリーダーシップをとらなければなりません。日本人や同じ国以外から来た外国人にも教えなければならない環境を作って、全員交代でリーダーをさせたのです。そうすれば、自分がリーダーの時にメンバーに何をしてほしかったか、交代した時にわかりますよね。

リーダーを交代制にしたことで、リーダーにやってほしいこと、メンバーにやってほしいことがたくさん見えてきました。その中で、ちゃんと仕事をするには日本人もベトナム人もフィリピン人も関係ないということを話しました。同じ国の人だけにとってのリーダーであっても仕方がないし、「〇〇人だから」という考え方はしない方がいいよと話しています。

外国人技能実習生、多能工、建設業の職人育成は職人道場

■日本人に萎縮してしまう理由

長口:先日入校した外国人社員さんも、「私たちは来日したばかりだし、〇〇人だから」と言っていました。 一部の紹介組合では「何とかして日本人に気に入られろ」「 日本人の言うことはちゃんと聞け」と徹底的に指導されているんです。だから日本人側がどれだけ歓迎しても遠慮してしまうんですね。

イ:組合の指導の違いによって、イメージしている日本での生活が異なると。

長口:組合によっては「日本人が右と言えば右、左と言えば左」と、日本人には絶対に歯向かってはいけないと言われています。でも、どの外国人社員さんも「お金を稼ぎたい」「日本で暮らしたい」などの夢を描いて日本へ来ているのです。若い未婚の外国人社員さんが増えているのも、日本への憧れがあるからなんですよ。

■外国人が日本で働く理由の変化

長口:昔は母国の家族を食べさせるために日本で働くというスタイルが多かったので、家族のために頑張って仕事を覚えようとする方が多かったです。今は母国に家族のいる方は、以前の半分以下になってきています。若くて未婚で彼女もいないという方が多いのです。

外国人社員さんはお金を稼ぐために日本へ来ていますが、母国にいる伴侶や子供のために働くという方はどんどん減っています。将来も日本でずっと生活したいという考えなんです。今後は日本も外国人がずっと働けるような雇用体制になるはずなので、外国人社員さんの数は増え続けると思います。

日本の会社は問題があればすぐに別の紹介組合へ移行するので、組合では「日本人の言うことは絶対に聞け」「そうでなければすぐに国へ返す」などと厳しく指導されています。日本へ来る前からそのように言われているんです。

■認識のギャップが生んだコミュニケーションの間違いを正す

イ:母国でかなりのプレッシャーをかけられて日本へ来ているのですね。

長口:紹介組合と受け入れ先の日本の会社の間で、認識の違いがあります。職人道場へ外国人社員さんを送り出してくださるのは、きちんとした体制のある会社さんです。日本人だけでなく外国人社員さんも大切にして、共に成長し共存していこうとしている会社さんが多いのです。

会社さんが職人道場に求めているのは「外国人社員さんにも楽しんでほしい」「自分の会社の社員と仲良くしてほしい」ということです。そうすることでお金も生まれるからです。それなのに組合の指導で日本人に対して萎縮してしまい、コミュニケーションがとれないような状態になっています。組合で「いつも笑顔でいればいいから」と指導されていると、常にニコニコ笑っているんです。失敗しても笑っているようだと、日本人は「ふざけている」と感じてしまいます。

イ:間違った指導のために、間違ったコミュニケーションになってしまうと。

長口:職人道場では「ニコニコ笑っていれば大丈夫」 ではなく、ちゃんと自分でコミュニケーションをとるということを徹底して学ばせています。どんな状況で日本へ来ていたとしても、卒業時に外国人社員さんがみんな言うのは「ここに来て良かった」という一言です。「こんな日本人たちがいるんだ」と、「自分の会社の社長さんや先輩たちも一緒なんだとわかった」と毎回言われます。日本に来たばかりでまだ社長さんにしか会ったことのない方たちにも、「君たちの会社の先輩たちもきっと一緒だよ」と伝えています。

外国人技能実習生、多能工、建設業の職人育成は職人道場

■国や言葉は違ってもコミュニケーションの方法は同じ

イ:仕事に人種は関係ないということを理解しているかどうかは大きいですね。

長口:何のために「笑え」と組合で指導されているのか。フィリピン人だと英語も通じるので、同じケースを片言の英語で伝えるんです。「自分たちの国に日本人が来たとします。一生懸命仕事を教えると、いつもニコニコしています。でもダメなことをして怒られたときもニコニコ笑っていたら、あなたはどう思う?」と。するとみんな「腹が立ちます」 と答えます。そこで「言葉や風習は違うかもしれないけれど、コミュニケーションの方法はどの国も一緒だよ」と。そうやって理解してもらいます。

イ:外国人社員さんが日本人に萎縮してしまいリーダーシップが育まれていないという状況に、会社では気づけないのでしょうか?

長口:「おはようございます」から「お疲れ様でした」の間だけでは、わからないことですよね。道場ではそれ以外の様子もずっと見られるので、わかりやすいのだと思います。道場では生活の場面でも、日本人に遠慮していることがわかります。「いつもニコニコしているのはなぜなんだろうな」と。食事中などに話をするうちに「私たちは日本人へこう接しなければいけないんですよ」という話が出てきます。「そんなことはないよ」と、そこで初めて気づくことができるのです。

■日本人に対する心の壁を壊してあげたい

イ:そういった気づきはどのように会社さんへ報告するのでしょうか?

長口:Aさんはこういう感じ、Bさんは、Cさんは、と1人1人についてお伝えします。これからリーダーになるのであれば、日本人のリーダーと同じレベルまで行かなければなりません。日本人に自分の意見を言えなければコミュニケーションになりませんし、今後もずっと日本で暮らすのであれば尚更、日本人に対する壁を壊してあげたいんです。「だからこういう班編成でやろうと思っています」と、取り組みの状況も報告します。

外国人社員さんが日本人とどんな風に働いているのか心配して、会社から先輩たちが様子を見に来てくれることもあります。すると、入校以前に持っていた外国人社員さんへのイメージが変わって「こういう人だと知って驚きました」 とメールをいただくこともあります。

■日本人と外国人の信頼がもたらす相乗効果

イ:会社の方が来ると外国人社員さんはどんな反応をしますか?

長口:気にかけてもらえていることに関して、外国人社員さんはとても敏感です。先輩が一度でも様子を見に来てくれて、「会社に帰ってきたら一緒に頑張ろうな」と声をかけてくれると、「頑張って早く仕事を覚えて、会社へ帰るんです!」とニコニコしながら話します。

ですので会社の方には時間が許す限り職人道場へ来て、外国人社員さんが頑張っている姿を見てほしいですね。社長や先輩が来てくれた日は、顔色が全然違うんですよ。最初は緊張しているのですが、やっぱり気合が入るんだと思います。出来ていなかったりダラけていた時も、気持ちが引き締まりますよね。
外国人技能実習生、多能工、建設業の職人育成は職人道場

イ:外国人社員さんは周囲の日本人にどのような影響を与えていますか?

長口:外国人社員さんは素直なんです。そこに日本人は心動かされます。日本語も喋れないのに道具の名前を覚えたり、仕事が終わってからも作業や日本語を勉強している姿に胸を打たれます。「僕たちは日本語も喋れるのに」と、自分たちがカッコ悪いと思うんでしょうね。外国人社員さんの頑張りは、日本人のモチベーションも上げるんですよ!

 

 

職人道場を卒業した外国人社員さんは、会社に帰って即戦力として活躍します。日本人社員さんも刺激を受け、会社全体の雰囲気が変わります。

外国人社員さんの育成をお考えの方は、職人道場へお気軽にお問い合わせ下さい!

最新記事
カテゴリー

コラム一覧へ戻る

f

LINEで気軽に質問できる