最新NEWS

職人育成などありえない!?否定派の左官屋社長も驚いた卒業生の生産性

栃木県那須塩原市で建設業の「新人教育」、即戦力職人を育成している職人道場です。

 

幅広い業種にて研修を提供し、それぞれ考え抜かれたカリキュラムで未経験の方、多能工を目指す方、日本に来たばかりの外国人社員さんなど、徹底指導しています!

 

今回、お話頂いたのは職人道場をご利用頂いている、株式会社谷幸(左官工事)の谷口社長。

外国人社員さんは即、職人道場に送り出してくださる谷口社長。しかし初めは職人道場へ行かせることには意味がないと否定していたそうです。谷口社長の考えを一変させた職人道場、その驚きの効果とは?

実際に研修に参加された外国人社員さんを交えて、お話しを伺って参りました。

建設業外国人労働者の即戦力育成

 

■研修後には現場での指導負担が激減。「道場否定派」だった親方が必要性を痛感する程の効果とは

 

イ:谷口さんは当初、職人道場否定派だったそうですが、本当でしょうか?

 

谷口さん:そうですね。建設業の基礎的なことを教える研修にはものすごく否定的でした。

お恥ずかしい話ですが、勉強に行かせている間も日当を支払わないとならない、仕事もしていないのに給料払うって何!?と思っていたんです。

 

自分たちは現場で仕事を覚えてきました。見習いの時期があって3年ほど経つと『年明け』と言って、はじめて一人前になれる。見習いの間は先輩から『坊主』と呼ばれるんですが、その坊主の時期を経ないで学校で基礎を学ぶなんてあり得ない。何でそんなのにお金を払うんだろうという考えでした。

 

イ:その考えが変わってきたのは何がきっかけなのでしょうか。

 

谷口さん:外国人の子がすごく変わって帰って来たのを見たからです。日本語も技術も。職人道場すごい!と感じるようになってきました。

 

決定的に考えが変わったのはこの前日本に来たばかりのビエットくん。来日したときちょうどお盆休みで、道場もお休みだったんです。1ヶ月は社内で教育しないといけなかったのですが、これが予想以上にめちゃくちゃ大変で。

ここしばらく毎回職人道場を利用していたので、全く何もわからない子に一から仕事のことを説明することがこんなにも大変なのかと改めて実感しました。日本語ができないから理解してくれたのかもわからない。コミュニケーションの段階で既に辛さはありました。

ちょうど今職人道場で研修を受けているところです。

 

建設業外国人労働者の即戦力育成

外国人の研修、日本語、専門用語も覚えられる

(谷口社長と、先に職人道場を卒業しているトゥンさん)

 

■専門用語から日常会話まで修得させてくれる職人道場

 

イ:では先に卒業しているトゥンさん(道場卒業生)が道場から帰って来た時のことを教えて下さい。

 

現場で教えている親方:もともとのセンスもあると思うけど、吸収力が全然違いました。覚えるのがとにかく早い。作業の流れをわかってきているから、ひと言伝えるだけで次の行程の仕事をしてくれる。教えやすいし、一緒に仕事がしやすいです。

 

建設業外国人労働者の育成、日本語も覚えられる

 

イ:そこまでできるようになって来るなんて、すごいですね!道場に行くと日本語も修得して帰って来られるということなのでしょうか?

 

谷口さん:そうですね。道場で専門的な言葉も覚えて来たから通じるし、日常会話も問題なくなっていました。

現場での日本語も困らないぐらいにはなって帰ってきてくれてるので、専門的な用語だけはわかるように伝えれば、あとは理解してくれます。一回言えば、次の仕事の際には覚えてきてくれるという感じですね。

 

職人道場では集中した時間内で覚えさせて、あとは自分の時間も持てるから、そこで他の人との会話を通じて日本語を覚えられるんですよ。

仕事しながらだと、仕事も覚えないといけないし、日本語も覚えないといけない。どっちから先に覚えたらいいのかとなってしまう。この子たちは日本に稼ぎに来ているから、まず仕事を覚えようとなりますよね。そうすると日本語を覚えないんですよ。

でも道場に行くと、両方修得できる。道具の使い方、名前、基礎的なことを覚え、さらに日本語も通じるようになって帰って来てくれるから、『これやっといてね』というだけでズバッと作業してくれる。すごく楽ですよ。

 

イ:技術も日本語も覚えられるなんて、もう職人道場を使わない手はありませんね!

 

谷口さん:そうなんです。だから先月道場が一ヵ月お休みだったとき、いつから始まるのかもうこちらがうずうずして。『頼むから早く教えてもらって来てくれ!』と思っていました(笑)

 

■研修後には即利益の上げられる職人として現場に入れる

イ:職人道場が休みの間の1ヶ月で、道場の必要性を改めて感じられたとお話しくださいましたが、道場に行けず現場で教えていたその1ヶ月の生産性はどうだったのでしょうか?

 

谷口さん:赤字でしたね。本来連れていく必要のない、人工が足りている現場に連れて行って、最初は雑用しかさせられないから人工がかかるだけでした。3人でいいところに4人いる。人工がかかると利益があがらないので生産性はすごく下がってしまいます。

 

イ:では職人道場を経て帰って来た社員さんの最初1ヵ月と比べてどうですか。

 

谷口さん:全然違いますね。初めから利益が出せる動きができます。

トゥンは職人道場を卒業して1年くらいですが、1年しかたっていない子が普通にみんなとやっているというのは通常ではありえません。

 

イ:教えることがほとんどないということですか?

 

谷口さん:そうですね。後はパターンくらいかな。

 

イ:通常の1年目というのはどういったものなのでしょうか

 

谷口さん:1年目は下塗りくらい。仕上げは普通できません。道場はカリキュラムがしっかり作り込まれているから、帰って来たら即戦力。基礎が出来上がっているから、普通に塗れたんです。すごいことですよ。

2年くらいかかってやっと仕上げができるようなペースです。

 

イ:例えば先輩のトゥンさんが、もし道場に行ってなかったらどうなっていたでしょうか?

 

谷口さん:今みたいにできなかったよね。大事な仕事は任せられないから掃除くらいしかさせなかったかもしれない。それってお互いに悪循環です。この子たちは頑張っているのに、出来ないから俺らもきつくなるし、怒られるからこの子たちも楽しくない。

本当に道場がないなんて考えられないんです。もう外国からの子、来たらすぐ入れるようにしています。道場の環境も整っていて、人も温かい。みんなでバーベキューしたり、勉強以外のことも楽しいんですよ。『一生懸命覚えて来いよ』と送り出しています。

 

ありがとうございました!

現場で覚えればいい、学校で基礎を学ぶなんて意味がないと思われていた谷口社長が、もうなくてはならないと感じている職人道場。わずか一ヵ月の凝縮された時間で、日本語もままならない外国人社員さんたちが技術も日本語も学べて、帰った時には即戦力となるまでに育ちます。

 

信頼して職人の卵を送り出してくれる社長の思いは、職人道場の大きな糧です。期待と信頼に応えるべく、職人道場は邁進し続けます。

 

Youtubeでは職人道場の代表小山が自ら日々のリアルな様子や、成長&活躍中の多能工集団Arusについても発信しています!ぜひそちらもご覧ください!

最新記事
カテゴリー

コラム一覧へ戻る

f

LINEで気軽に質問できる