最新NEWS

【導入企業 社長インタビュー】2週間で即戦力になれるか。東京から左官工事の研修に。(前編)

栃木県那須塩原市で建設業の即戦力職人、多能工職人を育成している職人道場です。 

人手不足が深刻化する業界を職人育成から変えるため、幅広い業種にて研修を提供。
それぞれ考え抜かれたカリキュラムで未経験の方、多能工を目指す方々に徹底指導しています!

今回取材に訪れたのは、
東京都足立区にある土間コンクリート仕上げ施工を始め左官工事一式を手掛ける「株式会社フロアエージェント」です。
 
約3ヶ月ほど前に外国人社員さん2名が、左官の技術習得のため職人道場の門を叩きました。
研修期間はたったの2週間です。

その間の様子や、研修後の変化をフロアエージェントの又吉社長に伺ってみたいと思います。
さて、果たして2週間で本当に即戦力になれるのでしょうか。

■職人育成カリキュラムは、現場からの要望を汲み取って組まれる

インタビュアー(以下、イ):又吉社長、本日はよろしくお願いします。
早速ですが職人道場に社員を預けようと決めた理由からお聞かせください。

又吉さん:以前から道場のことは小山さん(職人道場創設者)から聞いていて、興味があった。
しかしさすがに、すぐ即戦力にはならないだろうと思っていたんだよね。

うちも自社での教育の一環で、左官の画台を社内の敷地に組んで研修していたけれど、まぁ時間がかかるわ、意外にお金もかかるわ。
一人ずつ出勤扱いにして、1日〜数日も拘束するとなると、インストラクターとしての人件費もかかる。忙しい中でね、ずっと教えられるスキルのある人を一人つきっきりにしていなければならない。

これって結構大変なんだなと。それを知っているからこそ、職人道場がすごくありがたいわけです。
それで現場の都合もあるから、とりあえず2週間行かせますと。
そしたら2週間、毎日、道場の講師からの報告が上がってくるわけです。
 
 
イ:その報告というのはLINEで、でしょうか?

又吉さん:ラインとかメッセンジャーとか。
道場の施設にはカメラもついているから、研修の様子がリアルタイムで観られる。
その日のカリキュラム、どういうことをしました、どういう成果になっています、というのをこと細かに動画と一緒に送られてきます。

 
イ:毎日動画と一緒に?

又吉さん:はい。毎日です。
ライブカメラも見たりはしたんだけど、その報告を聞いて、「ここが変わったね」とか「ここをこうやって指示してくれないか」とか、細かい指示も出せた。それが大きかったですね。
あとこれはうちの現場の職人からの要望で、現場で使える日本語を教えて欲しいと言われていました。
 

イ:それは他の社員さんからの要望ですか?

又吉さん:そう。要は、海外人材を採用するのはいいけど、入ってきてもすぐに言っていることがわからない。
技能は後からついてくるから、まずは現場で使っているような言葉を覚えさせて欲しいと。
実践形式で訓練して欲しいという要望も付け加えて、2週間でぎゅうぎゅうの内容だったんだけど、そういう研修をやってもらいました。

■学校で習う日本語と、左官工事の現場で使う言葉のギャップ


 
イ:例えばそれはどんな言葉でしょうか?

又吉さん:例えば、「向こうの型枠から仕上げてくるんだよ」とか「補修してこいよ」とか「材料を練って」とか。
 

イ:しかし、海外から来る人も母国にいる時から言葉を勉強してくるはずじゃないですか?

又吉さん:そこなんですよ。
半年間、みっちり日本語を学んでくるのが大体なんだけど…。
考えてみれば英語も同じで、リアルに日常で使って、会話に出てくる英語と、教科書で学ぶ英語が違う。それと一緒。
日本語も「ですます」で、ゆっくりと発音を正しく、みたいな、そういう日本語を話す日本人はいないわけです。
 

イ:現場は忙しいですもんね。余計にそうですよね。

又吉さん:そう、忙しい中で。
だからもう崩れた日本語といえば語弊があるかもしれないけれど、「あれ取ってきてよ」みたいな、実際にはそういう言葉なんですよ。
そういった言葉遣いは教科書にはまず載っていない。
 

イ:ではそのような言葉を、職人道場ではどうやって教えていたんでしょうか?

又吉さん:職人道場の研修では、「現場でこう言うであろう言葉」を、道具とかコテとかミキサーとかそういう単語を織り交ぜてフレーズを作って。
問いかけて、その通りに行動できるかというのを見ていた。

その程度だけど、それでも現場に立てば教わっている人とそうじゃない人とでは全く違う。
実際にはこういうんだなというのを、本人たちも分かったと思う。

彼らも足りないことはまだまだあると思うし、それは2週間でさすがに技能と言葉を詰め込んで完璧にできるかというと難しいところもある。
ただ、たった2週間の研修としてはすごい成果だったなというのは感じました。
 

イ:驚きましたか?
又吉さん:びっくりしましたね。・・・・・

この続きはこちら>
「実戦で教える研修は「現場で使えるか、使えないか」が明確に出る(左官工事会社インタビュー後編)」

最新記事
カテゴリー

コラム一覧へ戻る

LINEで気軽に質問できる